Top > キャッシングにおける担保や公正証書について

キャッシングにおける担保や公正証書について

通常、消費者金融などのキャッシングの利用に際しては、担保も連帯保証人も不要です。それゆえ、普通の社会人や条件を満たした大学生ならば誰でも気軽に利用できて便利なのです。しかし、貸金業者も商売ですので、貸し倒れなどは絶対に避けたいと考えています。そんなキャッシング業者の強い味方になってくれるものこそが、公正証書なのです。
それは、公証人によって作成された公文書のことです。公証人というのは、証書の作成や私署証書の認証を与える権限のある公務員のことを言います。貸金業者と金銭消費貸借契約する際にもこの証書が作られますが、その殆どは執行証書となっています。
執行証書というのは、お金の支払いを目的とした請求についての公正証書のことであり、債務者は速やかに強制執行に従わなければならないと記載されているはずです。この執行証書を根拠とする強制執行こそは、貸金業者が貸し倒れを未然に防ぐ手段の一つなのです。この執行証書には裁判と同じ効力があり、返済を怠ると裁判所の判決なしに直ちに強制執行できる強い力をもっているのです。
無利息キャッシングについては無利息キャッシングMC164

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
FX投資では自分の勘を根拠にしていると(2016年1月18日)
転職理由は書類選考や面接のうえで大変(2015年12月 7日)
図書館の本が家で予約できるなんて!(2014年11月29日)
利口そうなワンコ(2014年11月24日)
早く子供に一人立ちしてほしい(2014年11月 7日)